ガガガSP『線香花火』の曲と歌詞を考察【夏という最強の季節】

ガガガSPというバンドは良い意味で泥臭い。

それは「コザック前田(ボーカル)」というキャラクターが魅せるのか、それともガガガSPというバンドの形だからこそ成り立つのかはわからない。

しかし、「あーなんかどうしようもなくガガガSP聴きてーなー!!」という瞬間が年に2回ほど訪れる。

それは、いつも「夏」なのだ。

 

『線香花火』の魅力

もうなんといっても夏。

これでもかというほど「夏」なのだ。

線香花火は夏の象徴だ。

打ち上げ花火じゃなくて、線香花火じゃなきゃダメなのだ。

それがガガガSPの繊細な恋心を表現するのだ。

 

『線香花火』の歌詞

懐かしい匂いがしました ふと
頭から浮かんできました
ごくごく当たり前の夏の暑さゆえ、僕は気が遠くなりそうです
くだらない自分の存在を思い、とりあえず夜道を歩こうと思い
なんか良い事あるかなと思いながら ふと君を思い出します

嗚呼 線香花火よ 当たり前の事しかない現実に
ふと僕の意識が飛ぶ程に
全てを照らし続けてくれないか

嗚呼 線香花火よ この路地の向こうにいる
あの娘の顔も一緒に照らしてくれないか
この暑い夏の夜に

出典:ガガガSP『線香花火』

懐かしい匂いとは、どこかで誰かが着けた「花火の匂い」。

うだるような夏の暑さも相まって、ぼーっとする頭で昔のことを思い出す。

夏のあの頃に恋をしていた「君」という存在の大きさを、夏が来るたびに思い出す自分という存在のくだらなさ、そしてその美しさ。

線香花火というトリガーで、あの娘を思い出す。

「この路地の向こうにいる」という歌詞から、あの娘の家を知っているんでしょうね。

線香花火という小さい光であの娘の顔を照らしてほしい。

小さな光じゃないと直視できないから、という考察。

 

『線香花火』のMV

MVも思いっきり泥臭い。

だが、それがいい。

 

まとめ

メロディのキャッチーさと攻めのバランスが絶妙な曲だ。

個性派とはかけ離れたまっすぐな恋心を表現できることが、ガガガSPの個性なのだ。

その他曲もキャッチーなメロディが多く、線香花火を気に入った方ならガガガSPを好きになること間違い無いだろう。