バイキンマンの魅力。アンパンマンに学ぶ、【本当の強さとは】

アンパンマンが子供達に与えている「正義」は本当に正しいのかな。

アタシはバイキンマンが好きだ。

バイキンマンは「悪(アク)」ではなく「悪(ワル)」なのだ。

アンパンマンに登場するバイキンマンを見て、心がふわりと暖かくなる。

だって、大人になった今だからこそ、バイキンマンの優しさに気づくんだもの。

ドキンちゃんのわがままに、あんなに一生懸命に動いてくれるバイキンマン……。

そんなバイキンマンの魅力を紹介するね。

 

バイキンマンの魅力

その①:適度にドジ

おちゃめな一面が垣間見えると、人は優しくなれるのね。

いつもしっかりしてる人から見える、おちゃめはアタシたちの心を激しく揺さぶる。

バイキンマンは適度にドジなの。

変装がバレバレだとか、絶対にやられる相手に挑むだとか、そういうドジから見えるバイキンマンの素直さが心を魅了する。

 

その②:目標に向かって一途

アンパンマンを倒す、というそれだけを目標に日々を精進している。

一途にひとつの目標を追いかけ続けている。

どんな逆境があっても、その目標はブレない。

毎日毎日、アンパンマンのことだけを考えて生きている。

そこに、バイキンマンの強さがある。

 

その③:義理人情が厚い

ドキンちゃんに対する優しさもさることながら、『アンパンマンとイタイノトンデケダケ』で垣間見える義理堅さ。

宿敵のアンパンマンに助けてもらった恩を、カッコ悪くても遂行するカッコよさ。

この人は信用できる、というイメージがバイキンマンにはある。

 

さいごに

バイキンマンの魅力は、人間にも同じことが通用する。

それは、「人としてどうあるか」ということだ。

正義でも悪でもよいが、その前に「人として」一人前であれ!!!