陰口を言われるのが嫌だって?【陰口は言われた方が良い理由】

学校でも、職場でも陰口だらけ。

なんで陰口を言われるんだろう。

陰口を言われる人にはある理由がある。

それを説明します。

 

陰口を言われた方が良い理由

陰口を言われた方が良い理由は、

「陰口を言われる人は、能力が高い」からです。

陰口を言う理由は、「妬み」なんですね。

あなたの立場になって考えてみてほしいんだけれど、自分より下だと思っている人間の陰口って言いますか?

言わないよね。

そして、自分より能力が低い人に対しては陰口は言わない。

なぜなら、戦う必要がないから。もうすでに、勝っていると思っているから。

そう思うと、陰口を言われることも「悪くない」って思える。

自分の能力を妬んでいる、可哀想な人間なんだなと思うと、とっても楽になる。

 

陰口を言う人は人間的に未熟

ただただ未熟。

だって、陰口を言い合う関係に魅力なんて何もない。

陰口を言う人は、人との関係性について考えることができない。

陰口からは、自分を肯定したいが為の「欲求」を満たしたいというゲスさが垣間見える。

「あいつってさ、〇〇だからさー」という陰口から生まれるものは何もない。

 

陰口を言う人間とは縁を切ってもいい

人間関係の断捨離をしよう。

環境があなたに与える影響はとても大きい。

そんな人間関係の中にいると、自分でも気づかないうちに侵されていく。

「だよねー」という賛同も陰口と同義だ。

そんな関係、ぶった切ってしまえ。あなたのために。

 

まとめ

陰口を言う人は、とても小さい。

それを知っているだけで、陰口を言われることが気にならなくなる。

陰口をいう人の寂しさ。

あなたは大丈夫?