「自分」をブランド化する方法。【自分の価値】を知ろう!

あなたは、自分にどれくらいの【価値】があると思う?

自分という「ブランド」をつくりあげ、あなたらしく生きることができたら、幸せなんじゃないかな。

「自分」を「ブランド化」して、影響力を与えられる人になれる方法を紹介するよ。

説明するね。

 

「自分」をブランド化する方法

「自分」をブランド化するには、

  1. 「強み」を見つける
  2. 一貫性のある「好き」を発信する
  3. 「自分」を客観視する

 

この3つが必要になのね。

 

① 「強み」を見つける

「あなた」と言ったら「これ」という「強み」を見つけるのね。

それがあなたを説明するための、キーワードとなるような「何か」を探す必要がある。

これは「個性」と言い換えてもいいの。

「自分」を「自分」にしている、考え方や過去の経験を、深くまで掘り下げてあげる。

そうすると、「過去の経験」が「今」の自分を形成していると気付くのね。

「経験」は「価値」だから、たくさんの失敗をしている人こそ、「強み」は大きい。

 

 

② 一貫性のある「好き」を発信する

これはあなたの「強み」とリンクする「好き」であると、説得力があるの。

そして注意して欲しいのが、「一貫性」のある発信を心がけること。

いつも言っていることが違う…という印象を与えてしまうと、ユーザーは離れていってしまうのね。

そのために、まずは「自分の好き」をしっかりと掘り下げることが必要。

そうすることで、自分の中の「好き」の骨格が丈夫になって、ブレない「好き」を形成できるのね。

 

 

③ 「自分」を客観視する

これが一番重要なこと。

注意してほしいのは「相手にどう見られているか?」ではないってことね。

視点はいつでも「自分」。

「自分の価値観」で「自分」を俯瞰してあげることが重要なのね。

どんな人であれ、「自分の価値観」に絶対の自身を持って欲しい。

なぜなら、「あなた」はひとりしかいないから。

自分の価値観で、「ブランド化」しようとしている「自分」は、魅力的か、美しいかを判断することが大切なのね。

 

誰かの真似事じゃダメ

あなたの「価値」を知ってもらうには、誰かの真似事をしていてはダメなのね。

「あなた」という存在を「ブランド化」するんだから、他の人は関係ないよ。

しっかりと、自分の価値観を信じて、「あなた」というブランドを育てていかなきゃいけない。

 

さいごに

企業よりも「個人」が注目されている昨今、その理由は「情報過多の社会」にあると思うのね。

なぜなら、「何を言うか」よりも「誰が言うか」の方が、ユーザーにとっては重要だから。

同じ【経験】をしているからこそ、「響く言葉の強さ」を、情報社会に生きるアタシたちは知っているから。

あなたの経験という愛で、誰かを救って欲しい。