自分ブランドの作り方。【個人ブランディングの手法】

ツイッターなどのSNS界隈に身を置いていると、「組織」よりも「個人」へ、価値がシフトしているのを感じる。

「何を言うか?」ではなく、「誰が言うか?」が重要視されているのね。

「組織」が個人を使う社会から、「個人」が組織を使い、【ホンモノ】を発信していく社会へと変化してる。

【ホンモノ】を発信したいなら、「あなた」というブランドを作る必要があるのね。

この記事では、「あなた」という、「個人」をブランディングする方法の具体策を紹介するよ。

説明するね。

 

自分ブランドの作り方

「自分」というブランドを作っていく基盤となるのが、下の記事なのね。

 

この記事では、もっと掘り下げて具体策を説明するよ。

 

自分をブランド化する具体的な方法は、

  1. 「共感」してくれるユーザーの心を離さないこと
  2. 人間味あふれる「自分」であること
  3. とにかく「自分」を発信すること

アタシが「影響力のある人」の特徴を考察して、見出した答えがこの3つなのね。

 

① 「共感」してくれるユーザーの心を離さないこと

ユーザーの心が離れる瞬間っていつかな。

それは、「嘘」が見えたとき。

好きでもないものを「好き」というそれも、嫌いなものを「好き」というそれも「嘘」なのね。

あなたが「あなた」をブランディングするときに「嘘」は必要ないのね。

ただ、「あなた」であればいいの。

 

② 人間味あふれる「自分」であること

アタシたちが誰かのファンになる瞬間ってどんなときかな。

お金持ちだって知ったとき?

辛い過去があったと知ったとき?

答えは、その人の「人間味」に触れたときなのね。

人間味というのは、「らしさ」ということ。

あなたが、どんなことで「怒って」、どんなことで「喜んで」、どんなことで「悲しい」のか、これが「人間味=あなたらしさ」。

 

③ とにかく「自分」を発信すること

とにかく、発信することが「ブランディング」するための近道なのね。

発信するごとに、「あなた」が形成されていって、ユーザーは「あなた」という個人像を作り上げる。

そのためには、まずユーザーの目に止まらなければならないのね。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSツールを駆使して、「あなた」を発信しよう。