困難を乗り越える方法【壁だと思ったら塀だった】

生きていると、様々な困難が矢継ぎ早に押し寄せてくる。

もうダメかも、と思う瞬間にこそ「世界の見え方」を変えるチャンスがあるのを知ってるかな。

この記事では「困難を乗り越える方法」を紹介するよ。

説明するね。

 

困難を乗り越える方法

あなたが想像する困難ってなにかな。

例えば、仕事。

例えば、恋愛。

例えば、自分。

想像しただけで、数え切れないほどの困難がアタシの中にあふれてる。

困難を乗り越える方法は1つ。

「考える」なのね。

 

壁だと思ったら塀だった

「壁」だと思っていたら、いとも簡単に越えられてしまう「塀」だった、なんてことはそんなに珍しいことじゃないのね。

それには「視点」に秘密が隠されている。

困難を様々な角度から眺めることが「考える」ということ。

困難を壁に見立てて、壁の前で膝をついてしまう状態が「悩んでいる」ということ。

 

「考える」と「悩む」の違い

「考える」という行為には「問い」が必要になるのね。

一方、「悩む」にはそれが欠けているがゆえに、堂々巡りをしてしまう要因なのね。

「問い」は「なぜ?」ということ。

困難に対して、「なぜ?」を問いかけると、答えが浮かび上がってくる。

 

「問い」をつくる

困難に対して「問い」をつくってあげることが重要なのね。

例えば、仕事。

仕事を続けていく自信が持てない、辞めたい、という困難は誰にでもやってくる。

そこに「問い」をつくってあげる。

「なぜ?」仕事を辞めたいのか。

「なぜなら」今の仕事は楽しくない。

「なぜ?」楽しくないのか。

「なぜなら」そもそも人と関わる仕事が合わないから。

「なぜ?」人と関わることに苦痛を感じるのか。

「なぜなら」自分の意見を尊重してくれないから。

という風に、「なぜ?」という「問い」をつくると、「答え」が明確になるのね。

 

「それじゃあ、こうしよう」という決意

困難に対して「問い」をつくると、答えが浮かび上がるのね。

「それじゃあ、こうしよう」という「意思決定」ができる瞬間が必ず訪れる。

それは「悩む」ではなく、「考える」とう行為から生まれる。

「考える」という行為によって、「壁」が「塀」になり、「外の世界」を見られるの。

 

さいごに

困難という壁にぶち当たることはないのね。

なぜなら、それは「塀」だから。

色々な角度からその塀を観察して、よじ登れそうな高さにジャンプする勇気をもってほしい。

それは「考える」から生まれる。