銀杏BOYZ 歌詞の意味を解説!ゴイステからの変化と魅力を紹介!

GOING STEADY(以下:ゴイステ)が解散してからアタシの世界はとても静かになった。

もう彼らの新曲が聴けないという悲しみと、ゴイステの結成から解散までの7年という時間が、アタシ自身を大人にさせた。

高校生の頃、ただただ「峯田和伸」という人間になりたかった。

「全身の表現者」と呼ぶにふさわしいポテンシャルと、ライブパフォーマンスは小さな携帯電話の画面から伝わるほどに圧巻だった。

【関連記事】GOING STEADYの歌詞を考察。【峯田和伸という伝説】

 

銀杏BOYZというバンドを知ったのは、しばらく経ってからだった。銀杏BOYZはメディアへの露出が少なく、ゴイステばかりを聴き回していたアタシには銀杏BOYZというバンドの情報が入ってこなかった。

初めて聴いた銀杏BOYZの曲は「漂流教室」だった。当時、折りたたみの携帯電話が主流だった頃に、友達が着メロにしていたのを聴き逃さなかった。イントロしか聴けなかったその曲を、好きになる確信がアタシにはあった。

絶対に聴くべきおすすめ曲

駆け抜けて性春

駆け抜けて性春
銀杏BOYZ
ロック
¥150

初めにこの曲は恐ろしいほど荒削りだ。ボーカルはしゃがれていて、音も飛び飛び。ギターの歪みも上品とは言えない。

その荒々しさの中で中盤、JUDY AND MARYのYUKIの声が響く。

「青春」は時に残酷だ。「駆け抜けて性春」では「青春」という言葉が本来持つ意味を見事に曲として表現している。フランスの哲学者:サルトルが語る「青春」を引用すると、銀杏BOYZが歌う「駆け抜けて性春」とは”青春の渦中にいる間は世界はいつも通り残酷なのだ”というメッセージ性が伝わる。

青春とは、奇妙なものだ。 外部は赤く輝いているが、内部ではなにも感じられないのだ。

ジャン=ポール・サルトル

しかし、青春には「恋」というニュアンスも含んでいる。残酷だが、恋という美しいものがあることを知っている、というテーマだとすると、YUKIの澄んだ声すらも必然性がある。

峯田のシャウトと、YUKIの美声、そのアンバランスこそが「駆け抜けて性春」のメッセージ性だという答えに行き着く。

夢で逢えたら

夢で逢えたら
銀杏BOYZ
ロック
¥150

恋愛に飢える少年の曲だ。

君の胸にキスをしたら 君はどんな声出すだろう

出典:銀杏BOYZ 【夢で逢えたら】

なんともモテない男子が妄想しがちな濡れ場だ。しかし、その妄想も虚しさとともにティッシュの中へと消えさる。そして本当の恋を見つめ直すのだ。しかし、妄想は叶わないと自分自身が誰よりもわかっている。だから「夢で逢えたら」なのだ。

夢で逢えるだけでいい。それだけで心は満たされる。どうか逢いに来てくれないか、という懇願にも似た表現が歌詞に現れている。

夢で逢えたらいいな 君の笑顔にときめいて

出典:銀杏BOYZ 【夢で逢えたら】

漂流教室

漂流教室
銀杏BOYZ
ロック
¥150

これは友との別れの曲だ。

「告別式では泣かなかったんだ」という歌詞から推察するに、友が亡くなった歌だ。

あいつはギターを弾いて 君と僕は手を叩いたりして 歌ったのさ

出典:銀杏BOYZ 【漂流教室】

こういった日常が確かにあったのだということを思い出す。そして、もうこの世にはいないその友を「友達だったのだ」と再認識する。

このまま僕らは大人になれないまま しがみついて忘れないんだ

出典:銀杏BOYZ 【漂流教室】

友はもう大人になることもできない。そして自分も「大人」という小さい頃に思い描いていた大きな存在にはなれそうもない。

最後に「一生の友達なのさ」と締めくくる。亡くなって初めてその友達の存在の価値を知るのだ。それが「僕」が大人になれない理由のひとつで、今ある大切なものを大切だと認識できない存在を「子供」として峯田和伸は表現しているのだ。

二十九、三十

二十九、三十
銀杏BOYZ
ロック
¥200

クリープハイプのカバー曲であるが、音楽を聴いて久しぶりに鳥肌がたった曲だ。別の記事として【二十九、三十】の魅力を綴ったので興味がある方はぜひ!

【関連記事】銀杏BOYZのカバー名曲【二十九、三十】平成が残した名曲

ゴイステからの変化とは

ゴイステからの変化は曲にもしっかりと感じられる。

ゴイステは音の完成度や、曲の構成など「型」にハマった優等生な曲が多い。しかし、銀杏BOYZでは音がクリッピング(注訳:録音時に音量が大きくて音が割れてしまうこと)も気にせず、出したい音を素直に出している印象がある。

ここに彼らのバンドとしての変化が現れている。

まだまだ現在進行形の銀杏BOYZは、「ぽあだむ」や「恋は永遠」など名曲となるべくして生まれた曲を書き続けている。これからの新譜で世界をどう表現するかに期待大だ。

まとめ

銀杏BOYZはメディアに出るアーティストと比べれば下品だ。ライブでの全裸騒動や暴れ具合なども敬遠するひともいる。

しかし、それは峯田和伸という「少年」の目線を持っているからこそできる所業であるとも言える。それが彼らの魅力であり、強さだ。だからアタシたちは銀杏BOYZの新譜を待ちわびてしまう。

漂流教室の歌詞にある「このまま僕らは大人になれないまま」の本当の意味とは、大人になれないのではなく、峯田和伸は大人にならなかったのだ。それが自分が自分らしく生きていくための手段だったのだ。