電車という乗り物の良さについて考えてみた。

電車の良さとは何かと考えた。

反対座席から眺める風景は窓という額縁に映された絵画か。

それともその風景は、刹那散りゆく桜のように、過ぎ去りし時を思い起こさせる恋なのかもしれない。

停車した駅に貨物列車が停まっており、そこにトンボが一匹羽根を休めている。それを眺めながらそんなことを思った。

老夫婦が隣り合わせに座っており、ガランとした車内にも関わらずピタと引っ付いている光景にも、優しい日常が垣間見える。

先程見送ったと思っていた山が、まだ近くにあるのに驚き、自然の中に生きる自身の小ささを思ったりした。

程よい雑音、ブログのネタを練るのには集中しやすい。

誰かを感じながら、その空間にいるというのは少し苦痛だ。

電車という環境においても、それは言える。

隣の人の息遣い、服の擦れる音、くしゃみ。

みんなその環境を自分だけのものにしたくて、イヤホンで音楽を聴くし、読みたくもない小説を読む。

それとも、時間を持て余して焦っているのかもしれない。

ガタンゴトン揺られているだけではもったいない。なにかしなければ、というように。

揺られてればいいのに。

時間持て余したっていいじゃん。

だから電車でぼーっと窓を見ている私は、「なんだこいつ」という目で見られるのだろう。

みんなと同じように、電車という環境を鬱陶しがれよ、と。なにかしなければと焦ろよ、と。

いつかみんな死ぬのに、何を焦って、誰に媚を売っているんだろう。

ゆっくり歳をとっていきたいと思った、今日だった。