失敗しても落ち込むことないよ。【仕事のミスをぶっとばせ】

「またやらかした…。」

仕事で大きな失敗をしてしまって、肩を落として帰路につくことって誰でもあるよね。

ミスした仕事が怖くなってしまうこともある。

でも、そもそも人間って「失敗する生き物」なんだってことを知ってると、失敗から学べることはとても多いのね。

「失敗」の本質は同じ過ちをしないための【経験】を得られるということなのね

 

説明するね。

「失敗」とは

物事をやりそこなうこと。方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。しくじること。

出典:コトバンク

「失敗」ときいてネガティブなイメージを持つ人は多いよね。

学校や会社では失敗の本質を教えてくれない。

「失敗」を「悪いこと」として許さない人が世の中に多すぎるのね。

そんな人だって絶対に「失敗」はするのにね。

 

失敗は悪いこと?

「失敗を悪いこと」、として捉えてしまうと自分という世界が狭まってしまうのね。

なぜなら、「失敗」は世界を広げるために必要な【経験】だから。

失敗は悪いことじゃないよ。まずそれをしっかりと肝に命じてほしいのね。

 

「失敗」の本質

「失敗」からは【経験】が得られるのね。

【経験】っていうのは、人生の選択肢を増やすための【視点】なんだよね。

 

経験の差

歳を重ねるごとに「失敗」は積み重なっていくよね。

その失敗の数だけ「視点」が増えているってこと。

小さな子供より、大人の方がミスが少ないのね。それは、大人は「ミスをしないための視点」を備えているってことなのね。

視点が増えるってことは、「選択肢」が増えるっていうことと同義。

つまり、失敗の数が多い人ほど「よりよく生きるための選択肢が多い」っていうことになるのね。

「失敗」は「経験」という財産

失敗をした人は「同じミスをしないための道」を知ってる。

「危険な道」を選ばなくてもいいってことなのね。

でもそれは、失敗から生まれた視点。

失敗がなければ得られなかった、いわば「財産」なのね。

「経験」は、経験した人にしかその本質は分からない。あなたは、それを誇ってもいい。

「失敗」をするってことは

失敗をするってことは、「挑戦」したってことだよね。

挑戦しない人は失敗もしない。

成功を求めた人だけが、「失敗=経験」を得られるのね。

傍観よりも挑戦を選んだあなたをアタシは絶対的に支持するよ。

「失敗」をぶっとばせ

失敗は確かに怖い。

でも、失敗しなきゃ経験は手に入らない。

経験が手に入らないってことは、失敗するルートですら知ることができないってこと。

「失敗をして恥をかくこともないけど、成功の喜びもない人生」をあなたは望むかな。

「失敗しちまったけど、このやり方はダメだって気付けた。このやろうー」と失敗をぶっとばせ。

そして成功の喜びに生きてほしい。